大学院留学のお役立ち情報がいっぱい!

このサイトではイギリスの大学院留学についてやさしく解説しています。
大学院に留学する際の奨学金制度はどのようなものがあるのか、大学院に留学する場合の入学時期はいつなのか、さらに留学をする際のスケジュールの決め方に関しても扱っています。
また数多くある、英国の大学院に留学したことがある人の満足度はどのようなものであるか知りたいという人もいるでしょう。
このサイトではそのような英国の大学院に留学する前に知っておきたい情報を扱っています。

やさしく解説!イギリスの大学院留学ナビ

やさしく解説!イギリスの大学院留学ナビ 憧れのイギリスで大学院留学を検討している人もいるのではないでしょうか。
日本からの留学生はそれほど多くはありませんが、もちろんゼロではありません。
ここではイギリスの大学院留学について解説します。
イギリスの大学院では1年で修士号をとることができますが、入学するためには英語力が必要です。
TOEICでは800点から950点に相当し、TOEFLでは35から59ほどになるIELTS6.0以上が必要になることが多いです。
しかし条件付き合格制度もあるので、出願時には基準に達していなかったとしても入学時までに間に合わせることができれば合格できます。
入学には試験や面接はなく、書類審査のみとなっていて、オンラインで提出可能です。

イギリスへ大学院留学を行えば就職が有利になる

イギリスへ大学院留学を行えば就職が有利になる 日本から海外へ渡り留学を希望するなら、その後の進路についてもしっかりと計画しておく必要があります。
1年程度の留学なら問題はありませんが、4年近くも海外で生活を続けていると日本の状況を把握しきれなくなり、いざ就職活動を行おうと試みてもスムーズに進まないなんてことがあるかもしれないからです。
今最も注目を集めていて高い人気を誇っているのがイギリスへの大学院留学ですが、どの大学院を選んで長期留学を行うかはしっかりと計画してからにしてください。
一体自分はどの分野を重点的に学んでいきたいのか、希望する大学院留学先ではどんな資格が取得可能なのか、学費や生活環境についても事細かく調べておくことは大切です。
また、その大学院を卒業した後に就職でアピールできるような資格を取得し、どの国でも通用するような優秀な人材と認めてもらえるのかを事前に知っておきましょう。
博士号や医学士の資格などは非常に信頼性が高く就職にも有利に働いてくれるため、質の高いイギリスで取得することができれば将来不安になることはないかもしれません。
さらに、留学を始める際に「外資系就活サイト」に登録を行っておくことも必要です。
登録して利用できるようになれば、英語面接の対策マニュアルが学べたり英語履歴書の上手な書き方などが知れるようになるので、そのまま海外の企業に雇ってもらうことだって可能になります。

イギリスで大学院留学するなら事前に外国語を学べるコースを選択するべきか

近年では世界的に国際化が進んでいる影響により、英語などの外国語を学びたいと考えている方は少なくないのではないでしょうか。
特に学生の方は留学をして外国語を身につけたいと考えている方は多いです。最近、特に人気の留学先となっている国はイギリスとなっています。
人気なところなため、イギリスで大学院留学をしたいと感じている方はいらっしゃいます。
ですが、この場所に行く方は事前に授業で外国語を学ぶためのコースを選択するべきかどうか悩んでしまう方は少なくないです。そのような悩みを抱えている方に向
けて、これからこの国で大学院留学をするときには外国語を学ぶコースを選択するべきかについて説明していきます。 結論を言うと、事前に学んでおくことは大切なことに間違えはありません。事前にある程度準備を行っておくことで、現地に行ってから言葉が分からずどうすれば良いのか分からなくなってしまうと言うことがないからです。
そのため、準備を行っておくと良いでしょう。

大学院留学はイギリスでしたいと思ったらその英語力は

日本国内の大学を卒業してから海外の大学院で学ぶ、いわゆる大学院留学をイギリスへ行き、そこで大学院留学を希望するのにどのくらいの英語力が必要でしょうか。
その成績はTOEFL iBT88~100或いはIELTS6.5~7.0で、場合によってはGREやGMATなどの成績が必要とされることもあります。英国は大学院教育に熱心で、そのためそこの質が高いことでも有名です。大学院で勉強している学生はほとんどイギリス人か世界各地から勉強に来ている優秀な学生たちなので、高い英語力が要求されるのは当然です。
アメリカやカナダは大学院卒業まで2年間必要なのに対して、英国は1年間で修士卒業が可能なので、在学している期間が短いだけ費用を抑えることができます。
費用の目安としては1年で約400万円から600万円かかるとみてください。滞在費は地域により違いますが、ロンドンは滞在費が高くなっています。大学院学生なら学生ビザでもアルバイトが可能です。

イギリスへの大学院留学を相談するときの2つのポイント

イギリスへ大学院留学を行うときには、現実的な問題を考慮して2つのポイントを理解しておく必要があります。
まず、下宿先の確保です。大学院留学を行うときには、少なくとも数ヶ月以上はイギリスで生活をすることになります。当然ですが、現地で生活をするための拠点を確保しなくてはいけません
。普通は、大学で提携をしているところや紹介先などが存在しますので、大学で相談をすればきちんと生活ができる場所を確保できます。そして、大学院留学では金銭面での問題もあります。
海外で生活をするときには、生活費が必要になりますので仕送りや持ち金が存在しないときには現地でアルバイトなどをしてお金を稼げる状態にしておくことが重要です。
実際に、海外に行くときにはビザの取得が必須になりますので、全く働かない状態と働かなくてはいけない状況ではビザの取得要件に大きな違いが生じる可能性もあります。
ですから、現状を理解してどういった手続きが必要なのかを相談することが大切です。

イギリスでの大学院留学でホームシックになった時の対処法

大学院留学でイギリスに行くと、最初は楽しくても次第に日本が恋しくなりホームシックにかかる人もいます。メンタルに疲労が溜まっていると感じたら、友人たちと気晴らしに旅行に出かけると良いです。
イギリスはフランスやドイツなどヨーロッパの国々と近いため気軽に遊びに行けます。
フランスは飛行機だけでなく電車で訪れることができ、ロマンティックな都市の数々が寂しさを紛らわせてくれます。
ドイツやオランダは電車よりも飛行機の方がアクセスが良く、英語が通じやすいためコミュニケーションで苦労しません。
イタリアは英語がほとんど通じないものの、陽気さとパッションで乗り切れるため行き当たりばったりの旅行が楽しめます。
気晴らしの旅行でリフレッシュしたら、再び自分の研究に没頭するなどあえて忙しい時間を作ります。
大学院留学をした以上は学業に熱意を注ぎ込むことが大切であり、リフレッシュした分もっと集中してホームシックのことを忘れるほど学びを深められます。

イギリスの大学院留学の下宿はどうすれば良いのか

イギリスに大学院留学を考える場合、様々な準備が必要です。
準備の一つとして重要なのが下宿はどうするのかということになります。大学院留学する際の下宿先には、一般的にはホームステイか学生寮を選ぶことが可能です。一人暮らしという選択もありますが、イギリスは家賃が非常に高いため少しでも節約したい場合にはホームステイか学生寮が向いています。
ホームステイであれば、勉強だけではなく文化や習慣などをしっかり体験できます。家族とコミュニケーションを取ることで、英語の勉強にもなります。
朝食や夕食など食事を作ってもらうことができ、審査に通ったホストファミリーですので安心して滞在できます。
学生寮を選択することもできます。学生寮は、エンスーツ・シェアードバスルーム・ストゥディオの3つのタイプがあります。エンスーツはトイレ・シャワーは部屋に完備されていて、キッチンは他の人とシェアするタイプで留学生には一番人気です。
シェアードバスルームはキッチン・トイレ・シャワーが共有となっていて、ストゥディオは全ての設備が自分の部屋にあるタイプとなっていて、この中から留学生は自分好みの寮を選べます。

イギリスへの大学院留学が話題になっている理由とは

大学院留学としてイギリスは人気が高く話題性もあるのは、刺激的な学びとなる上に得られることが多いためです。フルタイムコースを選択すると通常だと学校へ通う期間は1年間、日本とは大きく異なる部分です。短期間で効率的に集中をして学習をすることができるうえに、教育は世界でもトップクラスです。国内や米国などよりもはるかに早く卒業ができるため、その分だけキャリアのスタートも早くすることができます。専門分野の選択をすることができ、専門性が高い分野の国際的にも認められる学位の取得をする事が可能です。大学院留学はキャリアアップのためになる学位をえることが可能であり、高度な技術や高いスキルが必要な仕事にも、卒業をする事で就けるチャンスがアップします。雇用される可能性が一気に高まるのは、修士号を取得することができるためであり、就職をする際には修士号必須の仕事も多くあるためです。またキャリアが上がることにより、この先の収入面でも今よりはるかに高まることも期待ができます。

イギリスの大学院留学には英語力を求められる

イギリスの大学院留学には英語力を求められます。英語圏の国で学び生活する以上、公用語である英語が必須とされるのは当然の流れでしょう。しかし、苦手な英語でイギリスの大学院留学が不安になっている人も多いのではないでしょうか。 問題となるのが、英語力の証明として大学に提出する書類の存在です。この書類は英語を母国語する国の出身者以外は提出必須となっており、当然ながら日本人も出さなければいけません。求められるレベルとしてはIELTS6.0以上とされているため、人によっては基準クリアのために英語の勉強をする必要があります。 英語の基準が満たせない場合には、複数の方法が考えられます。受かるまで何度も英語のテストに挑戦する、現地の大学が提供しているコースを受講する、または日本で英語教育に役立つコースを受けるといった方法です。どの方法も勉強を続けていくための努力を根気が求められますが、大学院で学んでいくための力が身につくはずです。

大学院留学について詳しく知りたい

大学院留学情報についてもっと知りたい